INTERVIEW

04

商品を確実に“届ける”がミッション

物流の大きな意義を感じられる

商品を確実に“届ける”がミッション

物流の大きな意義を感じられる

2018年4月入社

センター運営事業本部

運営事業部 チルド戸田センター

日常を支える仕事にやりがい
身近なセブン-イレブン様の食品流通を中心で担う!

どんなに良い商品を作っても届かなければ意味がない。現在、センター運営事業を通じて物流の管理を行っています。 実は最初は商品販売事業に配属を希望しており開発のサポートなどに就きたかったのは本音でした。 ただ、業務を行う上で、どのように商品を確実に届けていくのか、欠品がないように、間違いがないように…。 そうした管理を行うことに大きな誇りを持てていますね。セブン-イレブン様という誰にとっても身近な存在。 だからこそ当たり前の暮らしを支えることに意義を感じられますね。

自らの裁量・発想力が現場を変える

若手にもチャンスの多い会社です

物流の管理の仕事には、“改善”という大きなミッションもあります。 例えば、商品の仕分けの際のミスが多い工程がある場合、現場の調査、作業者からのヒアリング、 改善方法の企画立案などボトルネックを見つけて改善をしていく。雪や豪雨の際のイレギュラーに対して、 どのように届けていくのか。「商品が届かない…」は人々の生活にも大きな影響を及ぼすのでスピーディーな対応は不可避です。 自らの発想力で“確実に届く”を実現できたときには達成感を感じられます。

MESSAGE

後輩へのメッセージ

まずは、いろんな会社を見てください!

きっと、興味が持てる分野が見つかるはず!

こんな仕事がしたい、この業界に行きたい etc. 明確に決まっていればいいのですが、 きっと多くの就活生は決まっていないでしょう。実は私もそうでした。 食品メーカー、商社、ベンダーなど様々な企業の説明会に行きました。 そうした活動を通じて、自分ってこんなことにも興味があるんだ!という”気づき“を得られました。 まずは、いろんな会社を見てみたらどうですか?

INFORMATION

ENTRY マイナビ 2023 ENTRY
マイナビ 2023